キャバ嬢のホンネを暴露!高価なプレゼントだからいいってもんじゃない!

キャバ嬢という職業柄か、普通ならあり得ないくらい、クリスマスや誕生日になると多くのプレゼントを貰えることはホントに嬉しいのですが、中でもブランド物のバッグやアクセサリーなどはとても嬉しいし、気にいった物だとズット使いますね。

 

でも、いくら高い物をプレゼントしたからって、それだけでお気に入りのキャバ嬢を物にできるなんて錯覚している人、結構多いです。

 

ここでは、当サイトに寄せられた現役のキャバ嬢からいただいた「高価なプレゼントだからいいっていうもんじゃない!」という体験談を載せましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

夜のお仕事をして一番学んだ事はタダよりも怖いものは無いってことですね(23歳・まみさん)

 

今ではキャバで働いてそれなりのお金をもらっていますが、働き始めの頃はお金がなかったので、土日や宴会シーズンにはお店からコンパニオンにも行ってました。

 

お店で働く分には常連さんとかが多いので触られたりとかもほとんどなく良かったのですが...コンパニオンの時は触られるわ、アホみたいに飲まされるは、やけな事言うわで最悪でした。

 

でもコンパニオンだと2時間で延長してもらえるとやっぱりお金もいいし...ひたすら我慢しながら行ってました。

 

でも今からしろと言われたら絶対に無理ですが...。

 

私が夜のお仕事をして一番学んだ事はタダよりも怖いものは無いです。

 

以前働いていたお店で、常連さんで私より少し上20代後半の男性がいました。

 

愛想も良くて、酒癖も悪くなくすごくいい印象の男性でした。

 

ある日某ブランドの財布をプレゼントだと渡されました。

 

私がいってた店だけかも知れませんが・・・田舎のキャバクラなのでそんな高価なプレゼント誕生日とかじゃない限りいただきません。

 

都会のクラブとかなら分かりませんけど...こんな田舎じゃまずありえない事でした。

 

なので貰えないと言ったのですが…聞き入れてもらえず受け取ることになりました。

 

すると、その次の日から毎日店に来ては送ってくから何時まで?と待つようになりました。

 

送迎があったので大丈夫と言って4、5回断ってましたが、断り続けてると急に逆ギレしてきて『彼氏が送ってやると言ってるんだ!』っと行ってきました。

 

付き合ってとも言われてないし、ましてその当時彼氏がいたのでまず付き合わないし...何で?と思っていました。

 

後日、お店の黒服の方に聞いたところ『高価の財布を受け取ったんだから彼女になるっと言ったようなもんだ』と言っていたそうです。

 

それまですごく仕事は楽しかったのですが何だか怖くなりました。

 

私が夜のお仕事で学んだのはタダのものには何かがあると疑わないといけないってことですね。

 

車をプレゼントされても受け取れないしハッキリ言って困ります(ノアさん・23歳)

 

私が今までもらったプレゼントでハッキリ言って困ったプレゼントについて告白しますが・・・

 

お客様の中には私を気にいって、いつも指名をしてくるお客さんもいたのです。

 

何回か指名を受けるうちに、ある日1人のお客さんから花束をいただき、私のことがどうやら気にいっているみたいで、その後も花束やクッキーなどをいただいたことがあります。

 

私の誕生日になりますと、高級シャンパンを開けてくれたり、高級ワインを開けてくれたりしていたのです。

 

私はこれといってそのお客様にプレゼントや特別なことを行ってはいないのですが、そのお客さんが来て半年位になった頃に、急にプレゼントの内容が変わってきたのです。

 

それは具体的に言っちゃうと、時計や靴などとだんだんと高級品になってきたんですね。

 

この頃でも、私の記念日に対しては必ず高級なシャンパンなどを開けていただき常連様として来ていただいてたのですが、それからさらに数ヶ月が過ぎた頃に私はとても驚いてしまったのです。

 

だってそのプレゼントは、白い新車の高級車(トヨタクラウンアスリート)!

 

私は驚いてしまい、車のプレゼントは受け取れないことを言って断りましたが・・・受け取らないと突然泣き出したりしてホントに困りましたね。

 

プレゼントは高価だからいいってもんじゃないということですね。

 

いきなりマンションのカギを渡され引いてしまった(かのんさん・26歳)

 

24歳くらいの時、まだキャバ嬢になったばかりのある日、お店に、地元で有名なヤクザの息子が飲みにきました。

 

みんなその息子を接客するのを嫌がっていて、仕方なく、まだ入店して間もない私がつくことになりました。

 

そして、そのお客さんに、なぜか気にいられてしまい、私が出勤の日は、入店から閉店まで毎回くるようになりました。

 

そして、ある日、私が生活費に困ってるというと、10万円の現金を、ぽんと渡されたのですが、怖かったので、受け取れないといって返しました。

 

すると、そのお客さんのハートに火がついたのか、ある日、『鍵』を渡してきました。

 

私のためにマンションを買ったというのです。

 

たしかに、家を出たくてバイトしているという話はしたのですが、そんなところに住みたくないし、お店以外で会ったり関わるのは嫌なので、やんわり断ったあと、そのまま二度とそのお店には出勤しなようにし、雲隠れしました。

 

物件を実際見たわけではないのですが、そんな高いものもらえるわけもなく、しかも、地元で有名なヤクザの息子だったので、なんだかその後も、ものすごく怖かったです。

 

ちょっと意味深なプレゼントはバカラのグラス!(のぞみさん・26歳)

 

数日ほど前、お店でお誕生日のお祝いをしていただきました。

 

ほとんど告知していなかったので、あまりお客さんも来なかったのですが、プレゼントを持ってきてくれたお客さんの中で、少し怖く感じた方がいらっしゃいました。

 

ほとんどの方がカバンやアクセサリーをくれる中、そのお客さんが持ってきてくれたプレゼントは高価なバカラのグラスでした。

 

プレゼント自体はとても嬉しかったのですが、渡されるときに、

 

「これからもずっと一緒に飲もうね、ずっと一緒にいてね」

 

と言われて、何だか深読みしてしまい、ずっとつきまとわれるのではないかと少し怖くなってしまいました。

 

いただいたグラスは今でも使用していますし、デザインも良くてお気に入りなのですが、渡してくれた時のセリフに深い意味があったのかは未だにわかりません。

 

今はお店もやめてそのお客さんとの関係もなくなってしまったので、その方がどうされているのかもわかりません。

 

プレゼントを選ぶセンスは良いのに、言葉を選ぶセンスがない方だったんだなと今では思っていますが、あの時のセリフと顔が未だに忘れることができません。

 

プレゼント選びも重要ですが、何より渡す時の言葉選びが最も重要なのだと気付いた一件でした。

 

当サイトおススメ!現役キャバ嬢100人から聞いた貰って喜ぶプレゼントはコチラ!