キャバ嬢がプレゼントを一度は断る理由を教えちゃいます!

あなたがお気に入りのキャバ嬢の誕生日に何かプレゼントしたいと思ってどうしようかと考えても分からない・・・

 

じゃあ、お店に行って聞こうとなった場合、

 

あなたのお気入りのキャバ嬢はきっとこう言うと思います。

 

(あなた)
「○○ちゃん、誕生日近いけど何か欲しいものある?」

 

(キャバ嬢)
「えー別にいいですよ。それよりもっとお店に来てもらってお話したいなー」

 

大事なのはここでプレゼントを断られたからって決して落ち込まないこと。

 

決してあなたのことを嫌いなわけじゃないんですよ。

 

なぜって、それはプレゼントをもらうのを一度お断りするのがキャバ嬢としてお決まりの逃げ道。

 

なぜならキャバ嬢やってると、気になるキャバ嬢へ一方的に好意を寄せてきてトラブルになることもあるんですね。

 

そのために「キャバ嬢がねだってプレゼントされた」のではなくて「お客さんの好意でプレゼントをくれた」というお互いの共通認識を事前に作ってしまうということなんです。

 

なぜならキャバ嬢やってると、気になるキャバ嬢へ一方的に好意を寄せてきて下記のようなトラブルになることもあるんですね。

 

「あのとき○○ちゃんにプレゼントあげたのに応えてくれない・・・」

 

「○○ちゃんにプレゼントあげたのに付き合ってくれない・・・」

 

そしてヒドイのは、

 

「○○ちゃんにプレゼントあげたのにヤラしてくれない・・・」

 

もうこれは論外ですが、このようにこういったトラブルを事前に防いでおくんです。

 

だって考えてみてくださいよ。

 

キャバ嬢だって一人の女性ですし、ましてやちょっと高いものをプレゼントしてくれたからってそれで落とせると考えていたら大間違い。

 

それより、好意を寄せているキャバ嬢との普段の会話から何気に欲しがっている物をリサーチしてプレゼントしてくれる方がよっぽどウレシイですし、

 

私のことを思って考えてくれているんだなーっていう感じが好きですね。

 

要は普段の恋愛と同じってコトです。

 

それは、イケイケでガツガツとしているんじゃんなくて、普段から余裕があってさりげなく気遣いできるお客さん。

 

そういったお客さんから「この人私のコト分かってるなー」って思えるプレゼントをもらえたらホントにウレシイですよ。

 

気になるキャバ嬢のいる方、ぜひ頑張ってくださいね(^o^)v

 

当サイトおススメ!現役キャバ嬢100人から聞いた貰って喜ぶプレゼントはコチラ!